作品リスト

hoteloh_tanko『浮浪者からホテル王になった男』  (ぶんか社)

1971年、冬。炎は家族と財産を男から奪い去った。死に場所を求めたどりついた浅草。餓死寸前の男を救ったのは、自分たちを世付人と呼ぶ路上生活者だった。五右衛門、ダルマ、ノッポ、メガネ、ナベさん、帽子の男性といったユニークな人達。腐った残飯を漁り、路上生活者としての生活をはじめた男にはとんでもない人生が待ち構えていた。【1998年作品】

 

 

hoteloh

『浮浪者からホテル王になった男』  (ぶんか社)

1971年、冬。炎は家族と財産を男から奪い去った。死に場所を求めたどりついた浅草。餓死寸前の男を救ったのは、自分たちを世付人と呼ぶ路上生活者だった。五右衛門、ダルマ、ノッポ、メガネ、ナベさん、帽子の男性といったユニークな人達。腐った残飯を漁り、路上生活者としての生活をはじめた男にはとんでもない人生が待ち構えていた。【1998年作品】

 

 

yokohama『ヨコハマベイブリッジ収奪事件』
-労基監督官 鬼世子と呼ばれる女(全日法規)

雪の上の雇用手帳は、十億円賃金詐欺事件への入口だった。労働の汗をかすめ取る者は許せない!女性労働基準監督官の戦いが始まる―【1999年作品】

 

 

teguchi55『世にも巧妙な詐欺師の手口55』 (コスモトゥーワン)

振り込め詐欺よりもっと危ない。今、暴かれるあの手この手。命がけの取材によって得られた昭和、平成の実話。【2009年作品】

 

 

 

ketsuzoku『血賊』 -The LEGEND of BLOOD BUYER(ぶんか社)

昭和29年2月。北海道を襲った季節はずれの台風は、山崎信次からすべてを奪い去った。再出発を目指した東京で彼が出会ったのは、他人の血を吸い、喰らいつくそうとする血賊たちだった。「高度成長」の美名の裏で必要悪として繰り広げられていた、血液売買。のちに薬害エイズの引き金ともなったこのテーマに、真っ向から挑む!誰かを喰らうことでしか生きることを許されなかった男達を、あざやかな筆致で描ききったドキュメント・ノベルの改作。【2006年作品】

 

sagitopakuri『詐欺とパクリの手口』  海千山千!騙しのテクニック(日本文芸社)

狙った獲物を手玉に取る、詐欺師たちの奇想天外な罠-「ミラノ美人の誘惑にご用心」「レントゲン写真すり替えで七千万円」「五階建てビルを紙切れ一枚で奪う」など、ワルが仕掛ける騙しのテクニックを大公開。【1997年作品】

 

 

sagishino『詐欺師の手口90』  神出鬼没!パクリのテクニック(にちぶん文庫)

これが裏世界の錬金術だ。神出鬼没の詐欺師たちが仕掛けた甘くて危険な罠―「狙われた市会議員立候補者」「借力書より怖い預り書」「チームワークで信販会社を手玉」…など、海千山千のワルが繰り出すパクリのテクニックを大公開。【1995年作品】

 

 

yokubonosukimawa

『欲望のスキマ師』  3/4WALTZ(アルス出版)

【1991年作品】

 

 

 

 

onnnasagishi2

『女サギ師禁断のお仕事』  (ぶんか社コミックス)

東西寺 春秋(著), 森園 みるく(イラスト)

2012年作品】

 

 

sagiyougo『詐欺用語解読辞典』 (壮神社)

【2008年作品】